アーカイブ

2016年02月

はじめてのラジオ ~あの日使わなかった資料を僕達はまだ知らない~

カテゴリ:
ツイッターでも軽く触れましたが、あらためてご報告。
このたびネットラジオ「DJケンタロスのDQ10ドワチャッカレディオ」(通称:ドワラジ)の第59回放送分にゲスト出演させていただきました!

オファーをもらった時は「自分なんかが出ても場違いなんじゃないか?」とか「そもそも何を喋ればいいんだろう……」と正直思いましたが、こういう機会じゃないと話せないこともありますし、お仕事でちょろっとWebラジオの編集をしてたものの、自分が出る側に回ったことはなかったので、単純に出てみたいという気持ちが勝り、快諾させていただきました。

うーん、自分の声を聴くとむず痒い(笑)
トークの内容自体は職人ツール回ということで、そのテーマに沿って終始話しております。
Podcastで「ドワラジ」と検索すればヒットすると思いますので、よろしければお聴きくださいませー。


さてさて……。
今回、ラジオに臨むにあたり、いろいろ資料や開発秘話を準備していたんですが、本編ではそこまで突っ込んだ話をしませんでした。
ラジオからリンクを辿ってこのブログを見た方は、「なんやこのブログ、中身空っぽやんけ!」 と思っているはずですので、せめてもの意味を込めまして、あの日使わなかった資料・開発秘話をこの場でご紹介させていただきます。

1. ダウンロード数について
 
当方制作のアプリはどれぐらいの方が利用しているのか。
PlayストアやApp Storeからは大まかな数字しか分からないため、ここに実数を貼っておきます。
160222_01
日本はAndroidとiOSのシャアがほぼ拮抗しているはずなんですが、自分のアプリはAndroidのほうが多くの方に利用されています。
また、最新のアストルティア国勢調査(2015/9)では、さいほう・木工・調理の比率が3・1・1なので「木工ラボ」が健闘していると言えるかもしれません。
「調理ラボ」に関しては、他3つのアプリより後発のリリースとなったため、 どうしても差がありますね。

2. 登録費用について
 
ちょっと生々しい話ですが一応紹介。
GoogleとAppleのストアにアプリをリリースするには、それぞれ開発者登録が必要となり、別途登録費用を支払わなければいけません。

Google Play デベロッパーアカウント 25US$(1回限り)
Apple Developer Program 11,800円(年間)

Appleは去年まで7,800円だったんですが、一気に4,000円値上げしました。
今のところ、アプリにつけさせていただいている広告でペイできていますが、後者は少し割高感があります。
開発者目線では、「アプリ審査なし、即反映、365日対応」のGoogleが、「アプリ審査あり、反映まで約1週間、クリスマス前後は一切のサービスを停止」のAppleよりも好感が持てます。

3. 野良会心出すぎ問題 
ここからはアプリの開発秘話、という名の言い訳コーナー(?)
まずは、シミュレータをリリースしてから常に言われ続けている「シミュレータは会心率が高すぎる」という話題につきまして。
いやいやそんなことは無いはず……と、実際に試してみるとたしかによく出るなーと自分でも感じる時があるんです。

ただ、これだけは念のため宣言しておきますが、
意図的に会心率を高めに設定しているということはまったくございません
しかし会心率に偏りがあると言われたら、これは否定できません。

原因としては、実機とシミュレータでは乱数を作るロジックが違うというのがまず考えられます。
コンピュータは完全な乱数を扱うことができないので、乱数っぽい数字を複雑な計算式で作っている訳ですが、この計算式のアルゴリズムによって数値が偏ったり、特定の数値の並びを繰り返すことがあるため、そう感じてしまうのではなかろうかと思います。

あともう一つは、やはり“印象”でしょうか。
もちろん個人差はありますけど、当シミュレータでは「裁縫トレーニング」の会心率が高いという声が多い一方、「木工ラボ」は少し低い、「調理ラボ」は低いという意見が多いように見受けられます。
ですが、この3つの基本会心率(さいほう針・木工刀・フライパン)はすべて同じで、作成ソフトも一緒です。
そのため、シミュレータによって会心率にバラつきが出るということは無いと思っていただければ幸いです。
(ただ、この意見もちゃんと統計を取ってないので、印象になってしまいますね)

4. 作者、リプレイのじゅもん見放題問題 
「裁縫トレーニング」には縫った手順をデータベースに登録して、共有することができる『リプレイのじゅもん』という機能があります。
この機能を作者が利用し、いい手順をパクって儲けているんじゃないかという、まことしやかな噂が流れているようです(笑)

結論から言いますと……
安心してください、儲けていませんよ!
3キャラの総資産は2000万いかないぐらいです。

ラジオでも少し触れましたが、自分は基本的に職人があまり得意ではないんです。
だからシミュレータを作ったんですが、3年たっても結局上達してないという……。
あの、ほら、職人ゲームの基礎を作ったりっきーも、DQXTVで見た限りあまり上手くはなかったでしょう?(小声)

ちなみに今現在、リプレイのデータは24万件登録されています。
そしてデータに格納されている手順は、数字とアルファベットの羅列で保存されています。
つまり、どれが良い手順とか一目では分からないんです。
ひとつずつ確認してけば見れますが、そこまでする労力もありませんので……。

5. おわりに 
こうして書き起こしてみると、どれもついつい勢いで失言しちゃいそうな話題なので、ラジオで触れないで正解だったかもしれませんね。
今後もなにか質問や要望がありましたら、ツイッターやブログで可能な限りお答えしますので、どうぞよろしくお願いしますー。

「イカメモ」iPhone/iPad版の不具合について

カテゴリ:
2月9日早朝にリリースしたiPhone/iPad版「イカメモ」バージョン1.2重大なバグがありましたので、その具体的な状況と対応についてお知らせします。 

 不具合の内容ですが、ユーザーの方が設定した「ブキ」「ギア」の情報が無視され、記録する際にブキが「カーボンローラー」、ギアが「インク効率アップ(サブ)」「スーパージャンプ時間短縮」「ボム飛距離アップ」という、謎すぎる組み合わせに置き換わってしまうというものです。
160212_01
で、なぜこうなったかと言いますと、新機能の『さいきんのスコア』 を追加する際のデバッグにおいて、適当なテストデータをぶっこんでたんですが、そのテスト用の記述をリリース段階で取り除き忘れたためです。
なんとも初歩的なミスで情けない……。
 以前、「裁縫トレーニング」「木工ラボ」でも似たようなミスを犯していて、1つの装備しかシミュレートできないという事態を引き起こしたんですが、まったく反省が生かされてません。これはダメですほんと。

 勝敗やキルデスなど、主たるスコアに関する部分に影響はないのですが、 いかんせんすべてカーボンで記録されてしまっているため、戦績閲覧でブキ使用率とかを表示すると、おかしなことになるわけで……。
さすがにこれを何日もそのままにしておくのはマズイと判断し、一旦App Storeストアから取り下げた後、Appleに新バージョンの特急審査をお願いし、本日バージョン1.3をリリースいたしました。
ご利用の方はお手数ですが、必ずアップデートしていただきますようお願いいたします。

さて問題は、バージョン1.2で記録してしまったデータをどう扱うかという点。
スコアが合ってるなら別に気にしないという方もいるでしょうし、違うブキが記録されたままなのは困るという方もいるかと思います。
本来のブキにスコアを移し替えることができればベストなんですが、それを特定する手段はなし。(記録する段階でブキ情報が完全に上書きされているため)
じゃあ、スコアはそのままで「ブキ」「ギア」のデータだけ破棄すれば損失を最小限に抑えられそうということで、実際にコードを組んでみたんですが、これが自分の技量的にかなり際どい作業で、下手すると今回のバグと関係ないスコアまで傷つけてしまうリスクがあると判明。
結局悩んだ末、二次災害の恐れが少ない、「カーボンローラーで記録したスコアをすべて削除」するという方法で対応させていただくことにしました。
ただし、それをこちらで勝手に実行してしまうのは問題おおありなので、ユーザーの判断でできるよう、『データリセット』の一機能として実装してあります。
160212_02160212_03
『データリセット』をタップすると、真ん中の項目に「指定のブキのスコアを消去」がありますので、ここから「カーボンローラー」を選んで消去を行ってください。
これでバージョン1.2で記録されたスコアはすべて消えてしまいます。
ですので、そこまでするならカーボンで記録されてても良いという方や、そもそもいつもカーボンでプレイしているという方は消去せず、そのままご使用ください。(後者のケースは他のデータもろごと消えてしまうので)

今回のようなことは、戦績を管理するアプリにとってはあってはならない事です。
本当に申し訳ありませんでした。
 

このページのトップヘ

見出し画像
×